五月人形は必要なの?

五月人形の由来

赤ちゃんが生まれて初めての節句を「発節句」というのですが、男の子の場合には5月5日のこどもの日が初節句になります。正しくは端午の節句と呼ばれますね。

行事としてはかなり古くから行われており、奈良時代から続いています。その時代には、子供の安全を願って鎧や兜を神社に奉納していくしきたりがあったので、現代の五月人形はそれに由来しているということが分かりますね。

武家社会というものがあった時代では、鎧や兜は男性にとって大事なものでしたので、当然男の子にも大切な物とされました。戦の時には体を守るものとして必須だったので、五月人形として飾ったということですね。

男の子が生まれて無事に大きくなって、更に強く立派な男性になるようにと言う願いが込められています。現代では意味合いも少々変わってきましたが、幸せや安全を祈るところは共通のようです。

五月人形の意味

意味合いとしては、鎧や兜によって身が守られて、厳しい人生の中でも幸せに恵まれるようにという意味が現代ではあります。

今の世の中では、受験とか就職や結婚など、男の子も生きていくのは大変になっていますので、そのときにくじけない人になって欲しいという願いもありますね。

五月人形の飾りは外飾りと内飾りに分かれます。外飾りが鯉のぼりや武者絵のぼり。内飾りが鎧、兜飾りなどとなっていますね。

鯉のぼりのような外飾りには立身出世を願う意味合いがありますし、鎧や兜のような内飾りでは男の子の成長が無事にいくようにという意味合いが込められています。基本的には両方揃えるものとなっていますが、住宅事情などによって略されるようにもなってきていますね。

鯉のぼりを小さくしたり、鎧や兜も略式に飾ることが多くなりました。昔のように大規模にはしなくなっているのですね。ただ、無事な成長を祈る気持ちは受け継がれていますので、五月人形は大事な意味を持っているのです。

このページの先頭へ