五月人形はいつ用意すればいいの?

何歳になったら用意した方が良いのか

印象としては七五三を迎えるまでには用意をしておけばいいのかなと思いがちですが、本来であれば、男の子が生まれると分かった時に五月人形の用意をした方が良いですね。

初めて迎える端午の節句までにはすでに手に入れていないと、意味合いや由来とも合わなくなってしまいます。

鯉のぼりも、神様に子供を見守って下さいとお知らせする目印にする意味合いがありますので、生まれた時には外飾りの鯉のぼりと、内飾りの鎧や兜などを用意するようにして下さい。

生まれてから迎える5月5日には準備出来ていれば良いので、出産の慌ただしい時に五月人形を買ってこなくては、と焦る必要まではないです。

赤ちゃんの代わりに厄を受けてくれるものとして必要なのだと考えておくと、次男や三男として生まれても、共用での使用はしません。

誰が五月人形を用意するのか

昔から、一般的には赤ちゃんのお母さんの実家より送られるものとなっていましたが、最近では両家のお祖父ちゃんやお祖母ちゃんが、お孫さんのためにということで折半して用意することもあるようですね。

お住まいの地域によって変わりますので、風趣についての確認をした方が良いのですが、鯉のぼりはお母さんの実家で、鎧や兜は、お父さんの実家で用意をするということもあるようです。

このときに実家に五月人形があるからといって譲り受けるのは避けた方がいいですね。1つの五月人形には1人の男の子を守る役目となっているので、共用のものとして持つことは良いことではないのです。

例えば神社でお守りを買うとしますよね。これは1人に1つと決まっているのはご存じだと思います。これと同じだと思うと理解しやすいのではないでしょうか。

身を守るものを親子兄弟とはいえ共用で使用することはありませんよね。今ではその由来や役目についての認識も希薄でスペース事情によっても、2つ3つ持つことは難しいのでしょうか。

このページの先頭へ