五月人形のお手入れ

カビなどの生えないように

五月人形のお手入れについてですが、鯉のぼりは外飾りとして屋外に飾るものですので、場合によっては雨にあたることもありますね。キレイにホコリを取り除いて、乾燥させてから収納するようにして下さい。天気の良い日に行うと良いでしょう。

汚れをそのままにするのはよくありませんね。布製の場合については洗濯をしたくなるかもしれませんが、型崩れしますのでしないようにして下さい。どうしてもというときには専門の業者への依頼をした方が無難です。

兜はしまい方をおひな様のようにすると良いですね。それぞれ所定の布でくるむ前にホコリを落として、湿気の残らないように乾燥させてからにします。

直射日光には当てずに、陰干しをすると傷みが出ないので良いのではないでしょうか。漆などで塗りが施されているものでは、特に注意が必要です。

保管方法についてのコツ

鯉のぼりについては防虫しておいた方が良いのかと思いますね。翌年出してみたら穴だらけになっていたなどというのも悲しいことですので、一種類の防虫剤を使用して、密閉しておくと良いのではないかと思います。布団用の圧縮袋を使用して密閉するとしわになりますので、適していないものと思って下さい。

兜については、お子さんがかぶった後の汗染みなどが残らないよう、収納する前の段階が大事です。湿気取りを一緒に入れて保管をしておくと良いでしょう。

今は収納ケースの入っている兜だけのものを使用することが多いので、そのままケースごと収納してしまうことの方が多くありますね。身につけられるタイプの鎧兜を購入される方も減っていますが、このタイプがあると理想的ではあります。

収納は個別の部品に分ける手間がありますが、これも楽しみの1つになるものだと言えるでしょう。手のかかる時期の方がお子さんとの接点があって良いものです。思い出になるように大事に保管をしてあげて下さいね。

このページの先頭へ