五月人形のセットについて

どのようなセットが最適なのか

やはり最適なのは、鯉のぼりと鎧兜のセットになっている五月人形が一番良いのですが、最近の住宅事情ではそのようには行かないのが現実です。したがって、ご自宅マンションではベランダ用の鯉のぼり、そしてリビングに兜のみというのが一般的になっています。

その他にも時期的にゴールデンウイークにもかかっていますので、ご実家に大きな鯉のぼりと鎧兜を用意して飾っているというご家庭もあるようですね。

収納スペースと保管については祖父母のするところとなりますが、これはこれで良い方法なのかもしれません。ただし、ご実家もマンションなどの場合にはこの限りではありませんが。

ご年配の方は戸建てを好んで住む傾向がありますので、今の時代ではまだご実家で正式な五月人形飾りを出しておくことも出来るのではないかと思います。だんだん小さなサイズのものも販売されるようにはなっていますが、お子さんの幸せを考えると、奮発したくもなりますね。

略式の五月人形とは?

略式というのは、台座に鎧兜や弓矢まで持たせているものではない簡易的なものを指し、兜だけを飾るというような場合ですね。兜にも大きさがありますので、ご自宅で飾る場所がないなどの事情があれば、サイズの小さなものを購入することもあります。

鯉のぼりについても、地面にポールを建てて大規模に飾るのでなければ、ある意味略式であると考えて良いでしょう。略式とはいえ五月人形には変わりがないのですが、男の子は大きな五月人形を見るとうらやましく感じるようですね。

特に鯉のぼりは幼稚園や保育園でも飾ることがありますので、目にする機会も多いです。欲しがることもあるでしょう。その点はご両親でうまく話をしてあげると良いですね。

戸建にお住まいの場合には、略式にしなくても良いので、きちんとした五月人形のセットを手に入れるようにした方が良いかもしれませんよ。サイズの大小はあれ、お子さんを思う気持ちには変わりはありませんね。

このページの先頭へ